次世代の熱中症対策、環境改善に。世界中で20,000以上の導入実績を誇る倉庫・工場向けHVLS大型シーリングファン『スマイルファン(SMILE FANS)』の公式WEBサイトです。

ショールームのご案内 お問い合わせ

スマイルファンの特徴・導入効果03 ~ 熱中症対策 ~

HVLS大型シーリングファン『スマイルファン(SMILE FANS)』の特徴・効果03についてご紹介いたします。

03 熱中症から作業員を守る

【熱中症対策は、温度と湿度のコントロールが重要】

熱中症対策は、温度と湿度のコントロールが重要

熱中症対策では、温度と湿度の両方を下げることが重要だと言われています。

環境省の熱中症予防サイト(http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt.php)にも記載されている暑さ指数(WBGT)は熱中症対策における指標値となっていて、①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標と書かれており、温度も湿度も重要であることが分かります。

広い倉庫でたとえエアコンが効かなくても、その温度(体感温度)低下と同倉庫内の湿度均一化ができるのは、HVLS大型シーリングファン『スマイルファン(SMILE FANS)』の大きな特徴です。

【冷房がなくても -5℃の体感温度】

冷房がなくても -5℃の体感温度

エアコン(冷房)を活用しなくても、HVLS大型シーリングファン『スマイルファン(SMILE FANS)』の風によって、体感温度を下げることができます。
例えば、「夏の屋外でも、木陰に入ってそよ風が吹くと非常に心地よく感じる」あの感覚に近いです。

風速2.5mの風を体に受けると、実際マイナス5℃の体感温度になると言われています。風速1.0m程度の風でもマイナス4℃の温度差を感じることができるのです。

一般的に、冷房の温度は外気温からマイナス5℃の設定を推奨されていますが、HVLS大型シーリングファン『スマイルファン(SMILE FANS)』の風を感じるだけで同等の恩恵を広範囲で受けることができ、熱中症対策にとっても非常に重要で有効的だと言えます。

【滞留湿度の均一化】

滞留湿度の均一化

涼しさを感じるにあたって、湿度も非常に重要だと言われております。

倉庫や工場などの風通しの悪いエリアでは、局部で湿度が上がることがあり、作業場所によって働く環境が変わってきてしまいます。

HVLS大型シーリングファン『スマイルファン(SMILE FANS)』の気流により、梅雨・夏場の湿度の高い季節は特に、室内の湿度を分散均一化させることができます。溜まり場の湿度低下は、作業員だけでなく、保管物や機械にも優しい環境を作ることができます。

ページトップへ