倉庫・工場・体育館の換気、熱中症対策に!五常が提供するHVLS大型シーリングファン、SMILE FANS(スマイルファン)の公式WEBサイトです。

ショールームのご案内 お問い合わせ

よくあるご質問

よくいただくご質問を集めました。
ここに載っていない質問でも、ご不明な点はお気軽にお問合せよりご質問ください。

Q.シーリングファン1基でどれくらいの広さまで風が来ますか?

A. 約1,000m²から2,100m²(約300坪から700坪)です。

一番大きい直径7.3mのファンブレード(羽)の場合、障害物などが無い前提で、1基で約1,000m²から2,100m²(約300坪から700坪)の空間まで風を感じることができます。

何基導入すればよいかなどは、お客様の環境によって変わってきますので、現調のうえ最適なご提案をいたします。

 

Q.屋外でもシーリングファンは利用できますか?

A. 利用可能です。

外壁の無い、テント倉庫や屋根がけの半屋外は利用可能です。
世界中で「半屋外施設」や「家畜舎」や「駐車場」などにシーリングファンの導入実績がございます。

本体、コントロールボックス共、防水、防塵仕様です。

スマイルファンmove(据え置きタイプのファン)も、防水、防塵仕様です。
屋外の使用も可能ですが、使用しないときは屋根下での保管をお願いします。

 

Q.シーリングファンを設置する高さの制限はありますか?

A. 高さの制限はございます。

地面からシーリングファンの設置位置までの高さが4.5m以上であれば、取り付けが可能です。

また、地面からファンブレード(羽)までの高さが20m以下であれば、6枚羽根のスマイルファン3EVを、
天井までの高さが20m以上の場合は、10枚羽根のスマイルファン3EV MAXをご提案させて頂きます。

 

Q.設置できない場所はありますか?

A. 羽の回転を妨げる障害物がある場合、設置ができない可能性がございます。

シーリングファン(スマイルファン)は、大きな羽が回転します。
その回転に邪魔になる障害物(電灯吊り下げ用のフック、換気ダクト等)が干渉する場合は設置ができません。
事前に回転スペースにある障害部物を撤去する工事を行うことで解決できる場合もございます。

天井にボード等が貼ってある理由で、梁が見えない状況でも、天井ボードを一旦撤去及び加工することで、取り付けできる場合がございます。
まずはお気軽にご相談下さいませ。

 

Q.必要な電源を教えてください。

A. 200V(3相 ※単相は要相談)になります。

200V(3相)になります。単相はご相談となります。

50Hz、60Hzとも対応可能です。

 

Q.設置工事はどれくらいの時間がかかりますか?

A. 半日~1日程度でございます。

基本シーリングファン1機当たり、半日~1日程度でございます。

現場の環境にもよりますが、施工前にお客様に電源のご用意をお願いしたり、シーリングファン取り付け現場の天井の事前工事が必要になることもございます。

施工当日は、基本設置する真下のスペースは何もない状態での施工が必要となります。シーリングファン設置における、部材の落下事故などを防ぎ、安全に施工するのが目的です。

 

Q.設置工事以外の電気工事も行ってもらえるのでしょうか?

A. 事前に電源工事をお客様の専属の電気工事会社様にお願いしております。

シーリングファン(スマイルファン)の設置工事あたり、事前に電源工事をお客様の専属の電気工事会社様にお願いしております。
1次側のブレーカーから、シーリングファンを設置する場所(コントロールボックス)の設置場所までの配線をお願いしております。

コントロールボックスへの結線(つなぎ込み)及び、コントロールボックスからシーリングファンの電気配線及び結線は設置工事の中に含まれております。

 

Q.保証について教えてください。

A. 部位によって保証期間が異なります。

スマイルファンは部位によって保証期間が異なります。

【シーリングタイプ スマイルファン3EV】

モーター・・・(6年)

インバーター・コントロールボックス・・・(3年)

ブレード・他部品・・・(10年)

通常の使用による故障が保証の対象となります。自然災害、天災や、衝突事故等による故障は上記対象外となります。

【スマイルファンmove】

本体一式、インバーター・コントロールボックス含む・・・(6年)

 

Q.メンテナンスについて教えてください。

A. 詳細は下記をご参照ください。

クリーニング(ファン、モーター周り、羽、ハブ)は、必要に応じて実施してください。
スマイルファン3 EVは(ギアレス、永久磁石同期電動機モーター(PMSM))で、メンテナンスフリーモデルとなります。普段使用時に異音がする、揺れがあるなど、異常が見受けられる場合は直ちに使用をやめ、購入、設置、施工店にすぐご連絡をください。

有償メンテナンスは別途お受けいたします。高所作業による動作確認、揺れ止めワイヤーの貼り直し、クリーニングを中心に実施いたします。ご相談くださいませ。

 

Q.うちの倉庫には冷房設備がないので、シーリングファンを回しても熱風が来るだけだと思うのですが、効果はあるのでしょうか?

A. 体温より高くなるような場所では、エアコンとの併用や、遮熱シートの設置による環境改善が必要となる場合がございます。

シーリグンファンで感じる体感温度は、気温-5℃となります。
体温より高くなるような場所では、エアコンとの併用が必要となる場合がございます。目安として室内全体が42℃以上となるような場所では、エアコンとの併用が必要かもしれません。
もしくは、天井や、屋根に遮熱シート、遮熱塗料の施工により熱を下げる必要があります。

ただし、天井の温度が高温でも、床面との気温との温度差があれば、シーリングファンを回すことで、室内の温度が均一化され目安温度より低くなることもあります。

 

Q.熱中症対策のメカニズムを教えてください。

A. 詳細は下記をご参照ください。

シーリングファン(スマイルファン)は、広い空間で作業している作業員の方の熱中症対策として効果的です。
作業中に汗をかきますが、その状態でそよ風を受けると涼しく感じます。
それは、汗が蒸発する際に気化熱として熱を吸収する機能があるからです。

扇風機の風を浴びる、冷風機やスポットクーラーの風を受ける、どれも体温を下げる効果がありますが、エリアが限定されます。
エリアを限定しない、いつもそばにそよ風があるスマイルファンは、熱中症対策においても大きな効果を発揮いたします。

 

ページトップへ